こころの不調によって仕事の継続が難しくなってしまった時に直面する問題として経済的な困窮が第一に上がってきます。

傷病手当金や失業給付を受け取りながら一定期間は生活できたとしてもその後再発せずに仕事を続けられるようになるかというのはとても大きな不安なのではないでしょうか。

精神疾患は生来的な側面もあれば事故による外傷や燃え尽きによるうつ病等中途障害の性質が強いものです。

私たちはうつ病などの発症、回復について骨を折ってしまった状態に近いものと説明をすることがよくあります。

回復期にあって無理をしてしまうとまた再び骨を折ってしまうように発症前と同じようなストレスを抱えることは再発のリスクを高めてしまうのです。

よって障害年金や場合によっては生活保護等経済的な困窮についてどのように対処していくか、求職活動に再び戻っていくために必要な状態とは何かを個別に相談しながら回復のステージに合わせた活動の強度を設定することで確実に回復していくための道筋を一緒に検討していくことが肝要であると考えます。

ケースによっては生活訓練の利用を行いながら就労についてハローワークや若者サポートステーションなど他機関との連携を図りつつ進めていく場合もあります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験、ご見学を随時受け付けております。

電話 022-302-5368

メール amicus-courage@outlook.jp

までお問い合わせください。