精神科疾患を思春期に発症した方、生来的な発達障害、てんかんなどによって

学校での生活をすごすことにご本人、ご家族のかたも大変苦労されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

近年になって発達障害や精神科疾患に対する理解は啓蒙されてきたもののその対応は当然のことながら一人一人違い、周りの友人や人間関係が目まぐるしく変わる中で一貫して自身の能力を発揮することが難しい状況にあります。

発達課題として20代前半にかけて自身が今後どのように働いたり、社会に関わっていきたいかと自分なりの答えをみつけていくのだとされていますが、大人になっていくためのこの課題への取り組みを疾患や障害によって後回しにしなければならないという大変さがあるのです。

また、学校教育が終了とともに進路指導が終了します。それによって今後どのように自分の生活を進めていくのか、考えていくサポートがなくなってしまい、結果ご家族が働きかけをしなければならなくなってしまいます。

活動する場所を設定できないことによって長期に在宅、社会生活を狭めてしまうこととなり、20代前半のとても大事な時期の学びをさらに遅らせてしまうことになるのです。

アミークスではそれによる機会のロスを大変な社会的損失であると考え、このような支援を行っていきます。

①集団への適応

②体調管理の指導

③就労などの進路指導

生活訓練においてはプログラムを通じいろいろな経験をしていただきながら自身の得意、不得意やコミュニケーションのクセ、日頃の悩みの解決方法について自分を知り、自分で解決していけるようにお手伝いをしていきます。

さらに就労を希望しており就労の準備が整ってきたところで就職活動の支援に切り替えていきます。進路を検討し、他機関との連携により職場での実習などを設定するなど段階を踏んで自分らしい生活を送れるようにお手伝いをしていきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験、ご見学を随時受け付けております。

電話 022-302-5368

メール amicus-courage@outlook.jp

までお問い合わせください。